山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info
山古志 牛の角突き。角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。
Zoom Info

山古志 牛の角突き。

角突きは現在全国六箇所で行われているとのことだが、国の重要無形民俗文化財に指定されているのは新潟県のものだけ。
その歴史は古く一説では千年とも言われ、 『南総里見八犬伝』内での記述も見られる。
ここの大きな特徴は「勝負付けをしない」ということ。
理由として、家族である牛に死闘をさせるのは可哀想だということ、勝ち負けを決めないことで賭博ではなく奉納の意味を強めることなどがある。

2004年の中越地震では全壊した牛舎の下敷きになり半数近くの牛が命を落としたが、その後、全国から支援を受け再び闘牛が集められ、2008年に復活した。